FC2ブログ
   
12
6
22
24
26
28
   

五日目

不思議な光景だと、毎年思う。
クリスマスが過ぎても、年が明けても…両方が存在している。


今朝も、このサンタを上から眺めながら…ご飯をいただいた。

バンコクは、建設ラッシュだ。






ここって…もしかしてデモで爆破された場所か?
なんて、ドキドキしつつ…。
(そんな場所ではないけれど。)

今日はBTSの一日フリーパスで行動!



町中いたるところに王様の肖像画があるが、もちろん駅構内にも…。


朝8時と夕方6時になると、国歌が流れる。
するとみんなは動きを止めて、頭を下げる…。

動いているのは、外国人だけだ。…と、思う。

今日の一番の目的地は、「ターミナル21」
最近できたショッピングモールだ。


空港をイメージしている。

例えば、1階が東京




西洋人の子どもたちが、力士のお尻にかなり喰いついてはしゃいでいた姿がとっても可愛かった(≧∇≦)


2階はロンドン

3階はイスタンブール

地下はローマ


そんな感じで、地下2階から6階まである。

全ての階のトイレが、ものすごく気合いがはいっていて、楽しかった♪
どのトイレも、綺麗で面白かった☆







お寿司をやけに食べたがる娘のリクエストに応えて…
たまには、海外で日本食もいいだろうと…入ることに!

日本食が流行っているのか?
待ち時間が(≧∇≦)

あまり期待はしないで注文。









見た目も味も思った以上によかった☆

店内に流れているBGMは、琴の音色で「さくら」

日本食レストランだから、日本人が多いかと思っていたが、全然そうではなかった(((o(*゚▽゚*)o)))

なんだか、変にうれしい気がした。

それにしても…寿司のセットを頼んで、最後にコーヒーか紅茶が付いてくるというのも不思議な感覚。


とはいえ、食後のコーヒーもなかなか美味しくいただきました(^-^)

屋台で40~50バーツあれば、1食分。
ここの寿司セットは、
デザート、コーヒー、サラダ、味噌汁がついて180バーツだった。

デザートとか、落ち着いて写真を撮りたかったけど…。
テーブルに置かれた瞬間に、パクパク食べてしまった人が…(≧∇≦)

大晦日は、早くホテルにいないと…街に繰り出してくる若者たちでめちゃめちゃごった返す(≧∇≦)
そんなわけで、夕方早くにさっさとホテルに戻った。
すると…
ホテルから、マカロンのプレゼントが置いてあった(^-^)
これまたうれしい♪


日本の紅白をテレビで見ながら、部屋で夕飯。


「あまちゃん」絡みの流れは、最高に面白かった(≧∇≦)

日本の年越しが済んでから2時間後、
バンコクでも、年越しが(^_^)

今年は、寝ないで起きていられた☆

盛大な花火と、人々の歓声を聞き、2014年を迎えられることに感謝します。



スポンサーサイト

四日目

夜中まで、騒がしい街なのに…。
朝のスタートは、遅いσ^_^;

遊びに出かける前に、両替をしようとしたけれど…。
銀行は、10時から開くとのことσ^_^;

もちろん、両替所もオープンはまだだ。

これは、仕方ない。
高くつくけど…。
ホテルだなσ^_^;

人がまだまばらの町を歩く。
バンコクの原宿と言われているサイアムスクエア内でも、少し路地を覗けばこの通りだ。



昨日ネイルサロンでお手入れしてもらったので…なんだか、ちょっと不思議な気分だ。

こんな爪にしたのは、生まれて初めてのことだ(≧∇≦)


靴を履き、肌の露出を控えて、タクシーでエメラルド寺院へ向かった。



この白くはりめぐらされた塀の中に、寺院が…。


トゥクトゥクも、相変わらずあちこち走っている。


今日は、晴天ではなくて曇り空だったのが少し残念だったけど、相変わらずあちこちきらびやかだ。










そんな中で、こうしたハスの花は、なんだかほっとする(^-^)



寺院を出て、しばらく歩く。
ひたすら…。
個人で見に来ているから、これは仕方ないσ^_^;
でっかい観光バスを何度も見ながら、汗を拭き拭き…。
次は、ワットポー。いわゆる巨大な涅槃像だ。





足の裏もなかなか面白い。


そして、それを必死に撮っている人間もまた面白い。


お釈迦様の後ろ姿もまたすごい!




お札をセロテープで貼り付けているのもなんだか不思議な光景。


帰りは、トゥクトゥクの運転手と交渉。
4人で乗り込んだ。


お昼ご飯は、定番のあっさり系で…。


ホテル周辺のサイアムスクエアに戻ってみると、いつの間にかバイクがこんなに!




おやつは…娘にせがまれたマカロンと、ベリーのスムージー


このマカロンたった1個と、同じ金額なのが…コレだ!


本当に、不思議。

夕飯は、あの青い椅子のある場所で食べることに♪


席について、何を注文したらいいかと思っていると、日本人の二人連れが…。

女「ねえ!ここで食べるのって…どう?」
男「うわっ、ココはあらへんやろ!ありえんて!!」

と言って通り過ぎていった。

……。
ん?

なんだか、汚いものの中に自分も入れられたみたいな、罰の悪い感覚だった。

でも、
ばっかだねえ…。こんな美味しい屋台で食べられないだなんて!

と、思うことにした。

現地の方々で、こんなに賑わっている屋台だ。
美味しいにきまっている!

まあ…。
ツアーガイドさんは、お腹を壊すのなんだのって理由でオススメしないけれど…。
今まで一度も壊したことはない。

都会のど真ん中で、こんな体験ができるのも、バンコクの楽しみの一つである。


この焼き魚が、とにかくフワッふわで、さいこに美味しかった☆
いつも食べていた魚とはまた違って美味しかった(^-^)



これはなんていう料理なのか、メモ帳に書いてくれと旦那がお願いすると…。

ご主人が、ものすご~くうれしそうにしてくれた。

まわりのお客さん(タイ人ばかり…)に、すごく自慢していた。
「聞かれちゃったよー」みたいに…。

その一件の後、よそよそしかった周りのみなさんが、急にフレンドリーな顔つきになった。

微笑むと、微笑みがかえってくる。
みんな興味津々なのだ。

私たちが立ち去った後、隣のテーブルにいたタイ人女性たちは、私たちが何を食べたのか、何をどれくらい残したのか…思いっきり覗いていたようだった。

きっと、逆の立場なら、私もそうするかも知れないσ^_^;



デパートの灯り
渋滞している道路
行き交う人々は、流れに沿ってあるかないととても迷惑という混雑の中、今夜も屋台でしめました(≧∇≦)

三日目

ウィークエンドマーケットにやって来た☆


早目に着いたため、人々はまばらだったが…。
あれよあれよという間に、わんさか混みはじめてきた(≧∇≦)

なんだかわからないパレードに遭遇した。




女三人だと、とっても面白い♪
ワイワイと、英語とタイ語と日本語と…ごちゃ混ぜになりながらのコミュニケーションだ(^-^)

お昼は、
ビールを飲みながら、軽くソムタムと、コームヤーン。

歩きながら気になるものを食べる。


写真は、撮る暇がなかったけど、ココナッツミルクのアイスもトッピング付きで美味しかった(^-^)

それにしても…
バンコクが涼しいΣ(゚д゚lll)

これは、おかしい…。

歳のせい?

いや、そうじゃない。
かなり涼しいのだ。

どういうわけだか分からないが…。

岩手で、なかなか雪が降らなかったことと、何か関係があるのだろうか?と、やけに心配になってきた。

午後は、娘とサイアムパラゴンでネイルをした。

マニキュアなんて、全くもって興味なかったが、娘がやりたがっていたので、私も一緒に、人生初経験をすることにしてみた。

ただマニキュアをぬるというわけではなく、マッサージをしたり、爪を整えたり…と、贅沢な時間を過ごすことができた。

何色にするか選べと言われたが、何しろ、それすら選べない。
どうしようかと困っていると、担当の方が、勝手に選んでくれた。

「あなたは、コレとコレで…。」
と、案外あっさりと…。

はじめから、どうでもよかった私は、彼女にお任せすることにした。

オレンジと、ピンクっぽい赤になった。

ふと、娘の方を見てみると、娘は、ハッキリと、色を選び、やってもらっていた。

さすがだ!!

色は、キラキラしたグリーン!

まあ、黒を選ばなかったからよしとしよう。
(旅立ちの前に、自分で足の爪を黒くしてきたからねえ。)


夕飯は、
毎年バンコクの伊勢丹前で待ち合わせをしている日本人のKさんと…♪

という予定だったが、残念なことに、お昼頃、Kさんからキャンセルの連絡が入る( ゚д゚)

お腹を壊してしまったとのことΣ(゚д゚lll)

もう!!
なんてザンネンなんだろう。

でも、病院にも行ったようだから…心配だ。

早く回復してくれたらいいなあと願うしかない。

今回は、家族だけで、屋台でイーサン料理を食べた。






路地で、美味しい料理を食べながら、ビールを飲む^_^

車の交通量は半端なく多く、警察もやたらと出ていた。

もちろん、人々もかなり混雑していた。

そんな中で、まったり食べるのが、なんだかバンコクっぽくていい(^-^)

これを味わいに毎年のようにやってきてしまうのだと思う。



都会のど真ん中で、タイ人に混ざって夕飯☆
何を言っているのかは、今だにちんぷんかんぷんだが、度胸があれば、なんとかなる^_^

今日出会えた人は、日本の大学に留学していた経験のあるご夫婦だった。

すごくさわやかなご夫婦で、好感がもてた。

買い物や観光も楽しいが、やはり一番思い出に残るのは、現地の方や、他国からの旅行者とのコミュニケーションだろうなと思う。

コミュニケーションをとるのに、言葉が通じるかどうかなんてことは、たいして関係ないように思う。

なんとかなるものだ。

二日目

朝食は、バイキングだったので、和食中心にとってきた♪


ふと、見ると、娘は洋食系?


空港は…とにかく、コミコミだった(≧∇≦)
こんなに後ろから並んだのは、初めてだ!
南ウイングのJカウンターあたりから、ひたすら並んだ…>_<…



飛行機の中では、読書と映画鑑賞☆

福山雅治主演の映画と、キアヌリーブス主演の映画を観た。

なかなか贅沢な時間(*^^*)

ふくらはぎが浮腫むと辛いので、今回は搭乗前に奮発して…ソックスを購入!

これがすごくよかった(o^^o)

適度にふくらはぎが加圧されて、スッキリしているのだ(≧∇≦)

これは、もう手放せないなと思った☆

義母が初めてのバンコクだったので、
いきなり屋台には行かずに、MKでタイスキ!



六角形の箸が、赤と黒と…わざわざ組み合わせて一膳となっているではないか!

なんだか、斬新(^-^)



テーブルの上にあった、ナプキンの入れ物?がまた可愛い(o^^o)



豆腐大好き家族なので、とりあえず豆腐!

たくさん重なってある赤い入れ物には、
エビやら肉やら魚に野菜やら…とにかくいろんなものが入っている。

好きなものをどんどん頼んだら、こんなに積み重ねられてしまった
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

まずは、家族みんなで無事にこれたことにカンパイ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

帰りは屋台で食べきれないほどの焼き鳥やら焼き豚やら焼きそばやら…。
ついつい購入!

そして、今回いつの間にかマンゴーの屋台があったことに驚きだった。



思わず購入!

また今年もついにやってきたなあという感じ(^-^)

今日は、ひたすら移動日だったけど、明日からは…更に満喫したいと思う。

一日目

女三人…。

成田空港近くのホテルに宿泊♪



娘と二人なら、こんなに豪華な夕飯はあり得ない;^_^A

今回は、義母も一緒だから…と、奮発した(o^^o)

娘は、テンションMAX
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

どれもこれも美味しかった(*^^*)

昨日に引き続き食べ過ぎだなっ!こりゃ;^_^A

明日は、空港で旦那と合流!

どんな珍旅になるのやら(^-^)

同級会♪

今夜は同級会♪

別に、同じ学校だったわけではなく…仕事をしていたら、たまたま同級生だったってこと(≧∇≦)



ピアノ演奏のある素敵なところで二次会(^-^)

同じような境遇にあるから、
本音で楽しくいっぱい話しができて楽しかった(≧∇≦)

やっぱり同級生って、貴重だよね♪

それだけで、妙に親近感がわく。

そして…頑張ろう!
と、気合いが入る(^-^)

次は、3月に(o^^o)

ってことにした。

その頃、みんなの行く先はどうなっているのだろう…。

また会えることを楽しみに頑張りたいと思う。

Xmas

休日だったので、娘と二人であちらこちらに…(*^^*)

フォークとナイフを使って食べるお店に入り、ランチ♪

私が言うのもなんだが、娘はかなり手慣れている^o^

これも…小さい頃にそういう経験をさせておいたからだよなあと、しみじみ。

そんな私も…子どもの頃、母親に教えてもらった。

「そんな箸を使わないお店になんて入らないから!!」
なんて、ブツブツ文句を言いながら、ナイフとフォークで食事をした。

そんな昔を思い出して、思わずふっと、にやけてしまった。

その後、本屋のハシゴをし、Xmasの夜に向け、買い物をした。

できるだけ既製品は買わないようにして…冷蔵庫にあるもので豪華に見せようと決めていた。

時間をかければ、お金をかける必要はない。



これに、アサリの味噌汁、スパークリングワイン…などもそのあと追加していった。

なんとなく、豪華に見えて…いい感じだった(*^^*)



ケーキは、娘の手作りが定番だったが、最近は、
「プロの美味しいケーキがいい(≧∇≦)」

という娘の要望で、お店に注文することになった。

クリスマスイブではなく、クリスマスにゆったりやるのもいい感じ。

娘は、
昨夜は必死に部屋のお掃除をしていた。

サンタさんをお迎えするために…!
なんと思いやりのあることで….。

毎回、朝絶叫しているのだが、今回は静かで不気味だった。

「今年は、どうして雄叫びあげないわけ?」

と、聞いてみると、
「だって、あまりにもうれしすぎて、声が出なかった(≧∇≦)」

とな!

そりゃあそうだろうね。

iPod touchだもん(o^^o)

サンタクロース

昨日のこと。
いつまでも、部屋にこもっていた娘に聞いた。

「何やってたの?テレビも見ないで…。」

すると、

「ん?サンタさん明日来るでしょう☆部屋をきれいにしてたの♪」

「へえ〜。どうして?」

「だって、散らかしてたら、モノにひっかかって歩きずらかったから!サンタさんがつまずいたらかわいそうだと思ってさあ…。がんばって片付けてみた☆」
だそうだ!

なんだか、健気でかわいらしいよなあと思った。

明日、
娘のはしゃぐ声が待ち遠しい。

今日は、いつになく早寝をしていたのでびっくりした。

早く寝れば、サンタさんが早くやってくるとでも思っているのだろうか?

やけに「よい子」で、なんだかおかしくなった。

ビーフストロガノフ

「おっ!ちょうどいいところに!ビーフストロガノフ作っといたぞ!…でもなあ…玉ねぎいっぱい入ってるぞ!」

あずけていた娘を迎えに実家に行くと、弟が出迎えてくれた。

昼頃来ると聞いたから、娘と一緒に買い出しに行き、わざわざ手の込んだビーフストロガノフを作ってくれていた。



昔から、私が玉ねぎやら人参やら…嫌いな野菜が多いことを知っている弟なので、玉ねぎ情報をわざわざ先に教えてくれたらしい。

「えー;^_^Aそんなに?玉ねぎデカデカと入ってるの?」

と、正直思ってしまったが、
娘がウキウキして
「お母さん!食べて(*^^*)」
だなんて綺麗に盛り付けてくれたものだから…食べないわけにはいかない。

思い切って玉ねぎも口に運んだ。

ん?
美味しい☆

優しい味で、まるでレストランの味♪
とっても美味しかった(*^^*)

「すごい!玉ねぎ食べられる!美味しい♪レストランみたい(*^^*)」

褒めちぎると、娘の顔がドヤ顔になった。

「今度は、ネギを食べさせるぞ!」

と、娘の一言((((;゚Д゚)))))))

そばにいた父親が、
「どっちが親なんだか…;^_^A」
と…。

まあいいや(*^^*)

私は好き嫌いがあったからこそ、
娘には好き嫌いなしでなんでも食べて欲しいと願っていた。

自分が嫌いでも、娘のために…と、なんでも作って食べさせてきた。

娘は、だから嫌いな食べ物はない。

今、私が嫌いな食べ物があると、娘が食べてくれる…。

「もう!お母さん!ちゃんと食べなきゃダメだよ(≧∇≦)」
なんていつも言われつつ…。

でも、
こうやって手作りしてもらえるのはやっぱりうれしい(*^^*)

しあわせだよなあと思う。

元気回復☆

気づけば2時(≧∇≦)

楽しくてあっという間の飲み会♪

大人数でわいわいやる忘年会もいいけれど、少人数でしっとり話しをしながら時間を過ごす飲み会もいい(*^^*)

最近いろいろと凹みがちだったけれど、
なんだか、そんなことはどうでもよくなった。

だいたい凹んでいる時間がもったいないではないかσ^_^;

自分の悩みなんて本当にちっぽけなものだよなあと思えてきて…楽しくなってきた。

自分の凹みがちな話なんて、一切していなかったけど、不思議と悩み解決!

みんなと話をしているうちに、どんどん爽やかな気分になれた。

とっても素敵な時間を過ごせてよかった♪

前進あるのみ

凹んだ~_~;

とにかく凹んだ~_~;

なにやってるんだろう…。

悔しいような。

悲しいような。

情けないような…。

しばらく落ち込んで
人知れず涙も流して


スッキリした(≧∇≦)

立ち上がってみせる!

この経験ができてよかったと…未来の自分に感謝されちゃうくらいにしてやろうと決めた☆

誰に何を指示されたわけではなかったが、この結果を自発的に分析し、レポートにまとめた。

直視したくはなかったが、逃げずに、原因を追求してみた。
自分なりに…。

事業を起こし、何千部もチラシを作って配布した。

しかし…
人を集めることが出来なかった。

こんな事態は、今までに無かったことだと思う。

事業自体が成立しない危機に陥っている。

全力を尽くしたのか?
もちろん!

本当にベストだったのか?それが?
もちろん!

自問自答が続く。

逃げない。
負けない。
言い訳はしない。

みんなに迷惑をかけることになる。
それなのに、
みんなは温かく、頭が下がる。

この責任は、潔く取りたいと思う。

過去の自分が応援してくれているし…。
きっと乗り越えられると思う。

そして、いつか未来の笑い話になるのだろうと…。

前進あるのみですね(^-^)

教え子

「先生!お久しぶりです(^-^)」

10年くらい前に担任した子だった。

勤務先に電話がかかってきたから、びっくりだった。

確かに彼女が小学1、2年生の頃、担任をした。
その後、たくさん私以外の担任と出会ったであろうに…。

私に連絡してくるとは(^-^)
なんてかわいいのだろう(^-^)

と、思ったが…。

なんだか素直によろこべない気もしてきた。

…心配になった。

これが、SOSだったらどうしようか?
高校生だしなあ…。

何部に入ったとか、
MちゃんやAちゃんがどうしてるだとか…。
そんな他愛もない話をしあった。

じゃあ元気でね!
と、電話を終えようとしたら、
メールアドレスと携帯番号を教えて欲しいとお願いされた。

安心感を持ってもらえるのなら…と、こちらからメールすることを約束して電話を終えた。

帰宅して、メールを入れた。

彼女は、話ができてうれしかったと言っていた。

そして、「会いたいな」と…。

何度かやりとりしたが、
メールの最後は、必ず「会いたいな」
だった。


そこで、
いつでも遊びにおいでとこたえた。

本気で会ってもいいと決めて、
なんなら明日にでも…。
と、私から提案もした。

会いに行くこと。
会いに来てもらうこと。

どちらでも、すぐに行動できることだからだ。

こういうのは、タイミングが大事なような気がした。

すると、
多分、いつでも先生に会いに行けるとわかったからなのか…。

すっと、私から離れてくれたような気がした。

ほっとした。

どうやら、緊急ではないらしい。

それにしても…
先生ってすごいよな(*^^*)

しみじみ感じた。

彼女の心の中に、私という存在が生きていたことが…。

確かに、あの頃の私は言っていた。
先生は、みんなの担任の先生じゃなくなっても、ずっとずーっとみんなの担任だからね☆

だから、
彼女が私を頼ってきたのなら、温かく受け入れたい。

ふと、彼女の母親の顔が浮かんできた。

そうしてやって下さいと、言われたような気がした。

会計(;゜0゜)

LINEに、忘年会での忘れ物の情報が流れてきた。

「これ、誰のですか?」

ったく、誰だよ!!
飲み会場に忘れ物なんて(≧∇≦)

と、気楽に写真を見たら
((((;゚Д゚)))))))

私のだった!

忘れたことすら気づいていなかった。


「あのう….、それって、俺のじゃない?」

言われてハッとする。

「うわあ(≧∇≦)ごめんなさい!」

人のジャンパーを着ていた。

「あっためといたんで^_^」

と、言うしかなかった。

本当に…いろいろやってしまっているσ^_^;

それなのに…。

勢いで、娘のスポ少の来年度の会計を引き受けることになった。

自分の所属しているバレーチームにも、会計の仕事はある。
しかし、
「あんたは、やらなくていい…。」
と、誰もやらせてくれないというのに…。

いいのだろうか?私でσ^_^;

「月初めに集めると、キツイ!」
「部費と交通費を一緒にされるとキツイ!」
「こまめに集金して欲しい。」

などなど…それぞれ給料日がまちまちなために、要望もいろいろあるらしい。

そんなことをいちいち聞いていたら、とてもじゃないが、やってられない!

そこで…
「おつりとか面倒だから、千円単位でバフっと集めてもいいかな?どんぶりじゃあ…だめ?」

「年度始めに万単位で一気に集めちゃうか?先払い☆」

「じゃあ…年度末に、まとめて払ってもらおっかな!それぞれ、つもり貯金でもしてもらって…。」

当然、全てに
「おいおいおい!」
「ダメー!」
「まさかでしょう!」

とのツッコミが入った。

「こいつ怪しい~って、思ってます?…ですよねえ。」

すると、
「会計って、めんどだし、一人じゃあ大変だから…。もう一人増やしてもいいんじゃない?」

という素敵な提案が☆

「賛成っ!!」

と、私が張り切って手をあげ、結局、会計仲間は3人になった^o^

なんて心強い♪

うまく分担し、うまく回したい。

こういう役をやることは、そんなに大変ではないだろうし、出来ないというわけではない。

せっかくだから、こういう役を生かして楽しみたいと思ってのすっとぼけでもあった。

みんなと話すきっかけができるし、
会計の仕事をだしにお茶とか、飲みとか…(^-^)
考えただけでワクワクする♪

どうせ、一人でやれるとは思ってないから…。
みんなにたすけてもらいながら、楽しもうと思う(^_^)

役をすることで、得をしたのは自分自身だったなあと…。
一年後には、そう爽やかに言ってのけるのが、私のイメージだ(^-^)

ビュッフェで♪

大学時代の親友に会うためだけに、新幹線にのった(*^^*)

何やら、話したいことがあるとのことで…。

本当は、先月会う予定でいたが、予定していた日に祖父が他界してしまい…。
申し訳なく思っていた。

何やら、決心したことがあるとのことだった。
聞いてもらいたいことがあるらしい…。
これは、駆け付けなければ!!


それにしても
なんだろう…。
構えずに、思ったことをバシバシ言えるこの心地よさ(^-^)


結局、
どこにも行かず、駅の近くで何時間もお茶してしまった(≧∇≦)

ホテルのビュッフェって、すごいね(*^^*)

何時間でも遠慮なくいられて…。

まるで、海外のホテルにいるみたいに面白かった(^-^)

それでもまだまだ話し足りなくて…。

「やっぱ泊りがけじゃないとね♪」

という結論に(≧∇≦)


「女子力あげなきゃ!」
と、誕生日プレゼントをもらう。

私が、絶対に買わないものだから敢えて…と言っていた。(その通り(≧∇≦))

「これは、娘さんにXmasプレゼント♪」
と、またまたもらう。

本当にこういう気配りがすごいんだよなあ。昔から…。

彼女になんでもおんぶに抱っこだった学生時代が蘇る。

(みんな今どうしているんだろう?)

親友に会って、ますます元気になった☆

別に元気がなかったわけではないが、
「私のこれから先は…先も…」
について、希望が見えてくる(^-^)

こういう贅沢な時間を過ごせたことに感謝したい(*^^*)

ペレット掃除

ペレット掃除の当番(≧∇≦)

作業着に長靴。
マスクに軍手。
頭にはバンダナ。

これでバッチリだ!

ペレットは、環境には優しいらしいが…。
掃除が大変だ。

今までの掃除の中で、今日は最高に灰の量が多かったΣ(゚д゚lll)

とってもとっても、わんさかと灰が出てくる。

その度に、黒くて細かい灰が舞い上がり…。

マスクを外して驚く!

マスクの内側が黒くなっている!!

マスクって、意外と通してしまうものなんだなあ。

一時間以上は、格闘していた。

この作業は、暖房を使うこの時期には毎日必要だ。

交代交代でやっているからいいけれど…。
これを一人で毎日…となったら、厳しいものがあるよな。

まあ…巨大な耳掃除をしているみたいだと思えば面白いけれど…。

暮坪かぶ

弟から、届いた(≧∇≦)


「美味しんぼ」でも紹介されていた暮坪かぶだ(^-^)

これは…辛味があって大人の味だ(^-^)

ザル蕎麦で食べると最高に美味しい♪

蕎麦だけでなく、いろんなものに合わせられるから嬉しい♪

見かけはあんまりよくないけれど…。
そこが素朴で最高なのだ(≧∇≦)

栽培しているご夫婦の手間を思うと、大事に味わって食べたいと思う。

年越しに?

と、ふと頭をよぎったけれど、
それまでは持たないね;^_^A

早々に美味しくいただきます☆

出前で鍛える

この時期は、クリスマスリースづくりだけでなく、凧の創作の出前がある。

久々の凧づくり!

(糸をどうやってつけるんだっけ?)

慌てて復習した後、お客さんのもとへ!

今日は雪がたくさん積もっていたから、かなりの余裕を持って車をスタートさせた。
一時間半ぐらいかかったなあ;^_^A



母親のスマホを見ながら、絵を描く子どもたちが多かった。



自分たちでちゃんと下絵を持ってきている子供達もいた。

中には…


こんなメッセージの凧を作り、
「これを飛ばしたら…元気が出ていいと思いませんか?」

と、作っている子もいて、感心させられた。

「作り終わった子から、外で飛ばして遊ばせますか?」

と、聞いてみたら、
「いえいえ…それはしないで、終わりでいいです。」

と、役員さん。

…でもね(*^^*)



完成したら、飛ばしたい!
それが子供達の自然な姿だよね(≧∇≦)

自主的に、走り回っていましたσ^_^;

出前の時は、極力相手のニーズに合わせることにしている。

(こうした方がいいのに…)
なんて思うこともあるが、お客さんの要望が優先だ。

案外、これが勉強になる。


そういえば、
会場に着いたとき、あれこれ手伝いをしてくれるところもあれば、全く何も手伝おうとしてもらえないところもある。

そんな時、どちらでも私は構わない。

臨機応変!
柔軟に対応できるようになったと思う。

「こうしなきゃ!」
って、はじめから形づくっていると大変なのであって…
「行ってみなきゃわからないからね。」
と、ニュートラルでいられれば、意外とすっと対応できる。

一期一会のお仕事だ。

出前のお仕事は、いろいろ鍛えられる。

忘年会

娘と一緒の忘年会♪

こんな忘年会もあるんだねえ(≧∇≦)

乾杯が終わると、子どもたちが一斉に食べ物に食いつく!

取ってこないと…食べるものがなくなりそう(>人<;)
ということで、慌てて取ってきた。


中学生男女
小学生男女

バレーボール関係者が集まっての合同忘年会だった。



いつの間にかDVDも出来ていて…全ての子が写っているという凝りように、唖然とした。

きっと、こんな風に町全体で強くしようと頑張っているところはないと思う。

すごく勢いがあって、すごいなあと思った。

どのチームも活躍が素晴らしい(≧∇≦)

だからこそ
うちの娘たちが結果を出せなかったことが余計に目立ち、切なかった。

指導者として悔しくないのか?
それでいいのか?

詰め寄りたい気持ちを抑えて、お酒を頂いてきた。


そういえば…思い出した。

自分は、弱いチームから脱却したくていろんなことを試みた。

中学生の頃、強い男子チームを引っ張る監督に教わりたくて…ある日たった一人で交渉に行き、しばらく練習に加えてもらったことがある。

上手くなりたかったからだ。

高校は、強くなりつつあるベスト8の高校を選んだ。

自分が入部して、優勝してやると生意気なことを考えていた。

「なぜその高校に?」
親に反対されて…先生にも反対されて…。
それでも、説得して入学させてもらった。

自分の経験上、
本気で勝ちたければ、その道を見つけ出して歩むことが可能なのだ。

そして、
自分で決めたからこそ、後悔なんてしないように、意地でも余計に頑張るものなのだ。

だから、今チームが弱くても…。
口は出すまいと決めた。

監督にお任せしている以上、あくまでも自分は一保護者である。

娘が、本気で頑張りたいともがいた時には、もちろん力になろうと思う。

本人の気持ちがやはり最優先だと思う。

実際、今日だって悔しかったし惨めだったに違いない。

そう思える気持ちは、大切だ。

いじけて終わるのではなく、それをバネに、頑張るエネルギーに変えて欲しい。

娘には娘の人生がある。

押し付けてはいけないと思う。

とは言いながら、
やはり、ここで満足することなく、向上心を持って、がんばって欲しいと願わずにはいられない。

袋詰め作業

「よしっ!これで100セット!!あと半分だな!」

えー_| ̄|○
まだ半分?
また今のをもう一回?


クリスマスリースの出前のために、一人分ずつセットを作っていた。

今日は3人がかりで二時間半ぐらいかかったかな?

200セット作ったってことは…これからまたそれくらいの出前をさばくってことかσ^_^;

大忙しだ(≧∇≦)


それにしても…出前は苦手だ。

どんな場所かわからない。
忘れ物はできない。
時間前には到着しなければならないから、道に迷っているわけにはいかない。
お金の支払いがからんでくる。
どんな人たちが対象なのかあやふやなままである。
この時期は雪道で運転がキツイ。
ものを一人で積み込み…当然運んで準備しなければならない。

そんなこんなで不安要素がいっぱいだ。

でも、
この袋を手に取り、中を開けた時の子どもたちの歓声が好きだから頑張れるよな(*^^*)と、思う。

サンタクロースみたいだ(*^^*)
そう思えば、ウキウキしてくる。

お母さん!

中学生対象の事業!
というわけではないのだが、

どうしても中学生が集まる。

普段、学校に行けない状態にある子どもたちを集めての事業だった。

ピザを作った。
体育館で遊んだ。
クリスマスリースを作った。

一緒に活動しているうちに、
いつの間にか…。

彼女たちは、自分の身の上話を始めていった。

「私ね、4か月部屋にこもって学校に行ってなかったんだ。」

「私、今年は一日も行ってない。」

「教室にいると、暴走しちゃうんだよね。教室飛び出しちゃったりしてさあ。」

「私ね、ハーフなんだ。」

「タバコなんて吸ってないのに、吸っただろってうちの兄ちゃん疑われてさあ!マジあり得ないよね!だから嫌なんだよ!」

「○○ムカつく!マジ死ね!!」

「○○っていう先生チョームカつく。うざい!」

「お父さんと、離れて暮らしてんだ。」

「私なんて、お父さん見たことないし!」

「私の今のお父さんなんて、4人目だからね~。」

「姉ちゃん子どもうんだから、私なんてもうリアルにおばちゃんだし!」

子どもたちが、口々に自分の身の上話を言い始めた。

みんな一方的だ。

私一人に4人の女子が、あれこれ自分の話をしてくるもんだから….頭の中が一気にフル回転だ(≧∇≦)

「なんだ?このテーブルは、教育相談か?」

なんて、同僚に、突っ込まれつつ….。

それでも、
女子会みたいだね!と、話を続けた。

兄弟がたくさんいるという女の子は、普段主婦をしているのだとか。

小さな兄弟の離乳食まで作って世話をしている話を聞いた。

「よしっ!今日は、Mさんのお母さんになってあげるよ!」

すると、
嬉しそうに、ずっと私のことを「お母さん!」と、呼び続けた。
「これやって!できない。」などと、甘えてもきた。

彼女は、私が手をかける度に、
「お母さん、ありがとう(*^^*)」
「さすがお母さん!尊敬しちゃう!」

と、言ってくれた。

そして、ぼそっと
「お母さん!って響き、なんかいいよね♪うちでは、ママって、みんな呼んでるけど、私最近呼んでなかった….。」
そう言って、ふっとさみしそうに笑っていた。

見送る時、
「お母さん!また来るね☆」
と、言われた。
でも、心の中では、ここに来なくて済みますように…。と、願っていた。

最後は、抱きしめてバイバイした。

妙に冷めた話をする。
大人っぽい。

でも、彼女の求めているものは……。


たった一日だけの付き合いでは、何もできなかったような気がする。

でも、
「この一年間の中で、一番思い出になった一日でした!」

と、彼女は感想を堂々と述べ、私の顔を見て笑顔を見せてくれたから…。

それで、満足することにする!

不登校
…本当に難しい問題だ。

だけど、彼女たちと出会えてよかった。

彼女たちも、そう思ってくれているとうれしいのだけれど….。

決まり!!

起案したのが通った☆
「いいんじゃないか。やってみなさい。」
決裁が下り、あとはもう前進あるのみだった。

急遽、対応せざるを得なくなった事業。
ナシにすることなく、ゼロから短時間で作って提案した。
とにかく時間がなかったので、おそろしいほどの勢いでチラシを作って配布して歩いた。

今回中学生は外し、小学生4〜6年生を対象とした。
全員配布ではなく、学級10部ずつ。
そのため、
印刷部数は、6000部ぐらいで少なめだった。

印刷する
配布部数を決める
宛名シールをはる
袋詰めをする
配って歩く

中身を決めたら、あとはもう突っ走るのみだ。
機械的にバリバリとやれてしまうようになったなあと、妙にしみじみした。

今回は、抽選するまでもないくらい、応募者数が少ないかも知れない。
それでも、
自分の心は結構不思議と満たされている。

なぜなら、
「こんな事業をやってみようと思うんだけれど・・・。手伝ってくれる人はいるかな?」
と、ボランティアの高校生〜社会人にメールで探りを入れてみたところ、
パパパパッと、既に8名の人たちが「いいですよ!」と、返事をくれたからだ。

これだけでも、妙にうれしい♪
なぜなら、
ボランティアの手が挙がらなくなってきているというのが、最近のみんなの悩みだったからだ。

今年、
自分の担当事業では、ボランティアを募集するものがなくて、さみしかったけれど・・・。
思いつきとはいえ、思いの他、立候補してくれたことに驚いた。

そして、
またひらめいた☆

せっかくだから、彼らの活躍の場を作ろう!
単なるお手伝いではなく・・・。
子どもたちと関わってもらって、今後はもっともっと来てもらえるようにしむけよう!!

募集する小学生だけでなく、
高校生や社会人相手に、いろいろとあれこれ考えられることが面白い。
そしてまた、職場のみんなをどう巻き込むか・・・。
それを考えるのも楽しい。

どうせなら、関わるみんなが楽しめる事業にしたい。

(あ〜こんなことなら、もう少し考えたかった!)
と、思いたいところだけれど、もうそんな暇なんてない。

ひたすら前に進むのみだ。

今回は、餅つきをやろうと思っている。
だから、
ボランティアをしてくれる人たちにも、お餅ぐらいは食べさせてあげたいと思う。
それくらいの予算をなんとか捻出してもらえるように、もうひと頑張りしてみようと思う。

よしっ!もうひと頑張りだ☆














わーい*\(^o^)/*

帰宅したら…玄関に箱が(((o(*゚▽゚*)o)))



素敵なメッセージとともに…
箱をあけると


テンション上がりました(≧∇≦)

ケーキ♪

なんとうれしい心遣い。

やられたなあと、思った。

贈り主の彼女は、とにかく年齢不詳。
失礼ながら…常に可愛らしい。

なんでも、とにかく積極的に楽しもうとする姿勢。
ニコニコしながらいつも話を聞いてくれるところ。
人のよさをパッと見つけて褒めてくれる達人だ。

こういう先輩がそばにいると、心がウキウキしてくるから不思議だ。

そんな方からのまさかのサプライズプレゼント(((o(*゚▽゚*)o)))

美味しくいただきました(≧∇≦)

私も、彼女みたいに歳をとっていきたいなあ(*^^*)
いや、歳を重ねるってことかな?

誕生日(*^^*)

誕生日の朝

露天風呂から始まった(*^^*)

こんな素敵なスタートは…贅沢過ぎる。

早起きは三文の得♪
ってところかな(*^^*)

実は…
一次会で…もうだめだった。
眠くて…。
部屋に行って寝てしまっていたσ^_^;

早寝したおかげで早起きできた(*^^*)
貸切状態の露天風呂だった。

夜明け前、黒い空が青くなって行く…。

朝食会場で、
「お誕生日おめでとうございます♪昨日、12時過ぎた時、サプライズプレゼントしようとみんなで企んでたのになあ!ザンネン‼︎」

「ごめんなさいσ^_^;…無理でした。」

呼ばれたのは覚えているけど…。
「行きますから!」
と、答えつつ、結局ダウンしてしまった。

「…で?どんなサプライズを考えてたの?」

「胴上げ!!」

((((;゚Д゚)))))))

「そんなことしたら、みんな腰痛めるじゃん!よかったあ行かなくて」

なんて言いつつ、そんな気持ちがうれしかった。

「気持ちだけで充分うれしいです♪ありがとうございました☆」
と、言った。

ありがたかった(*^^*)

そのあと、
両親と会った。


ランチをご馳走してもらい…。

なぜか今回、誕生日プレゼントをいただいてしまった((((;゚Д゚)))))))

密かに着物を作ってくれていたようだった。

なんだか不思議な感じがした。

誕生日プレゼントを親からもらえるだなんてねσ^_^;

しあわせだよなあとつくづく思った。

更に夜、家族に祝ってもらう。

みんなで乾杯をした♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


直接
メール
LINE
Facebook

たくさんの人に「おめでとう」をいただいた。

朝の占い…
射手座のあなたは最下位だったけど、
ムダ遣いに注意とあったけど…

今日は、素敵なムダ遣いができたし、最高の一日の始まりだった。

今日から始まる一年間も素敵な一年間にしたいと思う。

過去は変えられないけれど、未来と自分は変えられるのだから(*^^*)

素敵にしたいと思う(^-^)

みんなみんなありがとう(*^^*)

忘年会♪

もう?
忘年会だった(^-^)

職場の…。

一年間早いよなあ…。

しみじみ。

どうせなら、幹事になりたかったなあと思う。

あれこれやって盛り上げたかった(≧∇≦)

クリスマスリースづくり

河原でせっせととり集めたツタを使い、クリスマスリースづくりをした。



雪がちらつく中、まずは外にツタを広げた。

この中から、お気に入りの一本を選んでいただき、くるくると巻いて行く。

親子で力をあわせてもらわないと、なかなか上手くできない作業だ。

最後まで巻くと…






人それぞれに、なかなか素敵なリースができる。

これにどんどん飾り付けをしていく。



子どもたちは、キラキラモールが好きみたい(*^^*)



リボンだと、ツタがちらっと見えてなかなかいい感じ♪

今回は、電飾のおまけをつけて…


世界に一つだけしかないオリジナルなクリスマスリースの完成に、参加者たちは大満足だった(^-^)

嬉しい限りだ。

うちにも…そろそろリース飾ろうかな?

クリスマスって、なんだか気持ちがウキウキする♪

不思議なんだけど….。

事業中止か…?

毎年恒例になっていた事業。

専門家をお呼びしての創作活動の予定だった…。

が、
相手の体制が今年度から変わるとかなんとか…。
大学も関わってくる…。

と、ややこしくなったようだった。
間に色々なものが挟まってきたことで、先が見えずに悶々とするしかない状況。

ギリギリまで相手を待っていた。

何はともあれ、中身が分からなければ、募集できない。

子どもたちにチラシを配るならば、冬休み前までに子どもたちの手元にとどかなければ無意味である。

そして、決断した。

今年度は、「例年通り」というのはやめる。
外部は当てにせず、自分たちだけで事業をやる!

決断したら、スッキリした。
あとは、前進あるのみだ。

突然進路変更したため、ゼロからの立ち上げになる。

でも、やれると思う。

やってやろうと思う。

頼めないから…と、事業を取りやめるのは簡単だと思う。

でも、
「やってみろ!」
と、認めてもらえるように、計画を立てようと思う。

今、頭の中はフル回転だ!

とにかく時間がない。

でも、これくらい追い込まれた方がやる気が湧いてくる。

新しいことに挑戦するのは、ウキウキする。
あれこれ考えたい。
もちろん前向きに…(*^^*)

着物パーティ♪



素敵な会場で…
パーティに出席した(*^^*)



豪華な料理もさることながら、


参加者の大多数が着物という(≧∇≦)
それもまた素敵なのだ♪

単なるその辺の着物ではなく、
おしゃれな着物ばかりだ(≧∇≦)

もう…皆さんの素敵さ加減にドキドキだ!

私も…この場に相応しいようにがんばろうと、着付けをがんばった(*^^*)

一人で最後まで着付けた!

何度か帯をやり直したが、なんとかなってほっとした。



素敵な着物を着るだけで満足していたが…みなさんの立ち居振る舞いを見ていたら、急に恥ずかしくなってしまった(≧∇≦)

「あなた、まだまだわかいんだから!これからよ!」

と、励まされ…。

着るだけで精一杯だが、
+αを欲張りたいなあと思った。

立ち居振る舞い!!

サンタさんへ

この時期になると、
娘はせっせとサンタさんへ手紙を書く。

昨年は、サンタの住所を調べて書いていたが…。
今年は…あっさりしてる^_^;

宛先には、Mr.サンタと書いてあった。

ん?それだけ???

とはいえ、
封に彼女のこだわりが見られた。



「お母さん!クリスマスプレゼントに、これ欲しいなあ」

と、なかなかおしゃれなものをねだられた。

ロウを溶かして封をする…。
なんてロマンチックなんだろう。

羽根ペンとどちらがいいか随分悩んでいたようだったが、こちらに決定!

クリスマスを待たずに、はやく欲しがった理由は…。

サンタさんへ手紙を書くためだった。

こんな一生懸命考えている気持ちが…サンタさんへ届くといいな♪

オードリー:ヘプバーン

昔から、すごく惹かれる女性(*^^*)

今日は…BSプレミアムで彼女が出演している映画がなんと2本も(≧∇≦)

「戦争と平和」
「ローマの休日」

それにしても…中身はどうでもいいと言ったら失礼か?!

彼女に釘付けになる。
映像の中に、彼女が入っているというだけで、華やぐ。

学校から帰宅した娘が…気づくとジャンパーも脱がずに、見続けていた(o^^o)
途中からにも関わらず…だ。

そこでいろいろ質問攻めが起こる。

世界史は、よく分からない^_^;

タジタジだ。

もし、こういう映画をみていたら…世界史に惹かれたかもしれない。

社会なんて、所詮暗記教科だと思っていた昔…。

カタカナは苦手!
…どうせ覚えるなら漢字の方が…。
なんて、安易に日本史の方を専攻した。

とはいえ、日本史を学んでみるとかなり面白く…。

その後は、日本史方面だったなあ。

こうやってみると、
世界史も面白そうだ。

歴史は、興味が持てると、勝手に学びたくなる面白い教科だよなあと思う。

親子でクリスマスリース作り

「お母さんとして参加するのと、先生として参加するのと…どっちがいい?」

すると、間髪入れずに
「先生!」
と、言われた(°_°)

そうきたか!

「本当に?」

「うん!だって、一人で好きに作れるもん♪」

そんなわけで、
クリスマスリース作りは、私が担当する事になった。

「親子レクなんだからさあ…いいのか?」

と、同僚に心配されつつ…。

「私担当するからいいですよ(^ ^)」

ということにした。

でも…
なんというか、やりやすいようでやりにくいσ^_^;

本来ならば一人で担当する仕事なのだが、同僚たちが、勝手に覗きにきて、あれこれ手伝ってくれた。

ツタを巻く時、
飾り付けをするとき…

それを感じ、
途中からは、母親として娘の作品を手伝うことにした。

なんだかんだ言いながらも、
やはり親子で作るのは面白い♪

ダイナミックな娘の作品!

針金を使って娘のイメージに近づくようにがんばってみた(≧∇≦)

本当は、とってもとっても不器用なんだけど…。
仕事で何度もやっているのは、なんとかできるのだ☆

練習ってやっぱり大事だよなあ。

せっかくの日曜日♪

なんだかそのままバイバイ!
ってするのが切なくなり、
その後は、同僚の粋な計らいもあり…急遽年休をいただくことにした。

ここのところ事業続きで土日がなかったから…ついサービス!



ランチを食べに出かけた^ - ^

調子にのって、買い物ぶらぶら☆

本当に、あちらこちらに;^_^A
そして、
予定外なお買い物;^_^A

まあ、いいか。

女同士ですものね(*^^*)

プロフィール

あきみかる

Author:あきみかる
「前向きな捉え方で、日常を楽しく!」
を目指して綴っています♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR