FC2ブログ
   
01
1
3
9
11
16
20
23
26
28
31
   

清須会議

NHKのテレビ番組♪

見たいなあと思いつつ、
この時間帯はバレーの練習だから見ることが出来ないのだか…。

今日は、観ることができた(*^^*)

今夜のテーマは「清須会議」


面白かった(≧∇≦)

心理学者が同席しているというのも、なかなか面白いよなあと思った。
スポンサーサイト

遭難?!

スキーウエアを買わなきゃなあと…。

娘とお店に行った時のこと。

初めから、メンズコーナーであれこれ見ている私を不思議に思ってか?

「レディースこっちだよ!」

と、娘が言う。

『うん。…知ってる。』

「だからあ、こっちだってば!」

『…でもね。お母さんはこっちじゃないとないんだよなあ…。…残念ながら。』

「どうして?こっちの方が可愛いよ。」

『だろうね。一番大きいやつは、何センチって書いてある?』

「165㎝だよ!」

『でしょっ!』

「だね。」

二人でメンズをせっせと見る。

『これ、いいんじゃない?』

ちょっと、気に入った。

すると娘は、

「お母さん!それはやめた方がいいよ。」

曇った顔で反対された。

『どうして?白くてかわいいじゃん!』

「だって、雪山に行くんでしょう?周り真っ白いんだよ!!白いの着てたら迷子になっても助けてもらえないよ!遭難しちゃうんだよ!!」


((((;゚Д゚)))))))
そんな真剣な娘の表情に、逆らえるわけもなく。
白いウエアは諦めた。

「これいいじゃん!メンズにしては可愛いよ!!」

結局、娘のおすすめのウエアに決めた。

だってそれにしないと…。
派手派手な蛍光色とかにされてしまいそうだったから!!!

娘の気持ちがありがたいなあとしみじみ思った。
ありがとね(*^^*)

隠し酒

これは、杜氏たちが、自分たちのために作った隠し酒だから…飲めるのはラッキーというものだ。





そういうことで…いただいたお酒(*^^*)

確かにとってもとっても美味しかった☆

食べ物の味も引き立てるようなお酒だ。

香りがいい。
とにかく…。

「手に入ったから飲んでみて!」
と、上司にいただいたのだった。

一気に飲んでしまいそうだったが、ぐっとこらえて、明日も楽しもうと決めた。

それにしても…
こういうお酒は、市販されていないんじゃないかなあ?

すっごく贅沢な時間をこのお酒とともに過ごせてラッキーでした(*^^*)

子ども未来賞

読売新聞に掲載されていた受賞作品!
これがまた素晴らしかった(*^^*)





なんだか、読みながら涙が出てきて…。

文章力もさることながら、エピソードが素晴らしい(*^^*)

どちらも、温かな気持ちにさせられ、いい一日をスタートさせることができた。

自然ワンダークラブ④

雪山でそり遊び♪


でも、結局子どもたちに人気なのは、

市販のソリではなく、このボウルだ!!


みんながワイワイしている脇で、可愛い雪だるまを作っていた子どもたちも♪

夜のスケートを終えて、子どもたちを寝かせたあとは…。

反省会を兼ねて…。


((((;゚Д゚)))))))

相変わらず豪快でした(≧∇≦)

明日もがんばります☆

応援したい人

私が応援している人はたくさんいる。

がんばっている人に「がんばれ!」とは言えないが、
「応援しているよ!」
という気持ちは伝えたい。

誰かを応援することで、自分が一番励まされる。
誰かを応援するということは、
自分以外に目を向けること。
そして、
誰かを応援することで、自分もがんばろうと気合が入る。

今、
夢に向かってアクションを起こそうとしている人がいる。

本当なら、その夢は20年ほど前に挑戦すべき夢だった。

ただ、
その時に、それ以上に夢中になれるものに出逢ったために封印したらしい。

でも、
一度きりしかない人生。
挑戦しないまま一生を終えてしまっていいのだろうか?

あの頃と変わらず熱い思いがあるのなら、
堂々と挑戦すればいいと思う。

何のアクションも起こさずに、ただ年月だけをやり過ごしていいのだろうか?

「心に勇あるときは 悔いることなし」武田信玄
「絶対は 絶対にない」織田信長
「仕事は探してやるものだ。自分が創り出すものだ。与えられた仕事だけをやるのは雑兵だ。」織田信長
「多くの金銀を蔵に置いておくのは 有能な者を牢屋に押し込めておくようなものである」豊臣秀吉

こんな時、戦国武将たちの名言に勇気づけられる。

どうしようかと考えてるばかりだと日が暮れるばかりだ。
世界は何も変わらない。

だったらアクションを起こしちゃえばいい。

動きながら考えるということでもいいのではないか?

心に熱いものがあるのなら、
自分の心に素直に行動すればいい。

そう思う。

応援したい。

ガラスが(≧∇≦)

最近やけに気になるつらら!


このつららが、最近体育館の窓ガラスを割ってしまうσ^_^;

じゃあ、割られる前につららを下に落とせばいいのではないかと思う…よね?

それが、ちょっとやそっとでは落とせないのだ(。-_-。)

すると、いつの間にか割られてしまう…。

なんかいい方法はないものか?

毎年のようにやられてるいるんだよなあ…。

とはいえ、
巨大なつららをつついて落とすということは、結構命懸けなのだ(≧∇≦)

映画鑑賞の輪

「すっごくよかったんですよ(^-^)」

映画館で「永遠の0」をみてきた話をしていたら…。

「俺も行ってみたよ!」

という声が上がり…。

興奮して、お互いその話で盛り上がった(≧∇≦)

すると、
「俺も観に行ってみようかな?」

「私も観に行こうと思って…時間をチェックしてましたよ☆」

という反応がいっぱい(((o(*゚▽゚*)o)))

こういう声って、なんていうかすごくうれしいものだ(^-^)

基本的に、アクションを起こせる人々の集まりは楽しい♪

そんなみんなに囲まれていることがありがたい(*^^*)

仕事でも、遊びでも…。
いかにアクションを起こせるか!

そこがポイントのような気がする。

大人な時間

最近、大人な時間を楽しめるようになってきた。
…それなりに満喫できているなあと思う(*^^*)

まあ、「大人な…」という表現をすればかっこいいのだけれど、

何の事は無い。
月日を重ねてきたからだよなあと思う。



本棚のように珈琲カップがズラリ!

客それぞれに違うカップで珈琲を提供してくれるお店。

客層もいろいろな意味で高い感じだ。



これで一人分(≧∇≦)

珈琲はお代わりができ、
更にまた違うカップに入れてきてもらえたのでテンションが上がる(*^^*)

ゆったりとした空気の中で、
誰にも急かされることなく、
時間の許す限りいられる空間(*^^*)

まさにアフタヌーンティーだ(^-^)

たまには、こういうところに身を置いて、素敵な時間を過ごすのもいいものだ。

オススメのお店をあれこれ知っておくことが、これからの自分に大切なような気がしてきている。

絵本ファシリテーターの会

会場から見える景色


青空も見えていい感じ♪

一人三冊
お気に入りの絵本を持ち寄っての「絵本ファシリテーターの会」に参加した。

最初にミニ講座二本。

キーワードは、
I'm OK!,You’re OK!
伝わる読み

そして、
対話型

次に、3~4人グループで、一人一冊絵本を読み聞かせ、感想を言い合う。

グループを変えて、繰り返す。
読む絵本は同じもの。

そして、
それぞれが持ち寄った本の展示会。





ラストは、ホワイトボードミーティングで話し合い。


あっという間の楽しく有意義な時間を過ごした。

小学校の先生もいれば、
幼稚園の先生もいる。

読み聞かせボランティア活動をしている人も、絵本に興味があるから参加という人もいた。

いろいろな立場の人の集まりは、面白い。

角度が変わると見えてくる景色が違うからだ。

それにしても…
誰かに本をよんでもらうって、すごく贅沢で楽しい♪

大人の私たちがこんなに楽しめるのだから、子どもたちだって…きっと楽しいに違いない☆

絵本の力は恐るべしだよな!
と、改めてそのよさを実感できた。

心がふわあっと、あたたかくなる。
そんな素敵な一日を過ごせた。

素敵な絵本といっぱいであえて、面白かった(^-^)

SOSの対応

久々の…ペレット掃除(≧∇≦)
最近つもりまくった雪の中を歩く歩く!


たどり着いての掃除でした;^_^A

掃除の後、
助けて欲しいと駆け込んできた中学生たち((((;゚Д゚)))))))

結局、救急車を呼ぶことに…。

本人の姿を見て…これは大変だと….。

道路で転倒し、怪我をしていた。

休日だったので、なかなか搬送先が決まらないようだったが、受け入れてもらって一安心。

彼らは、小学生の頃、この施設を利用したことがあるのだと言っていた。

だから咄嗟に、ここに来れば助けてもらえると判断したようだった。

施設内でのこういうトラブルの対応ももちろん緊張するが、
利用者ではなく、まさか通りすがりに…という今回のような対応も、緊張した。

一日も早く回復することを祈るばかりだ。

永遠の0

一人でも多くの日本人に観てもらいたい。

そんな心打たれる映画でした。

ハンカチが、濡れて濡れて…。
すっかり一枚使い切ってしまうほど。

戦争映画というと、
どうしても避けたくなる。

でも、この映画の主題はそういうところにはない。

今の世を生きている私たち日本人一人ひとりに、
「あなたはどうなの?」
と、問いかけられているような…。

「どう生きるの?」
と、迫られたような…。

積極的に生きていきたい
前向きに生きていこう

爽やかに思える…そんな映画だった。

私の中の一番のシーンは、
ヤクザの親分が、帰ろうとする三浦春馬を抱きしめるところ。

戸惑う三浦春馬に、
「俺は、若い男が好きなんで…ね。」

みたいなことをボソッとつぶやく。

最高に泣けました(≧∇≦)
って…ほとんど泣きっぱなしだったけれどσ^_^;

あの親分が、岡田准一と出会ってどんどん変容していく様が、私の中での一番だったかな。

もう一回みたら、また一番が変わるような気がするけれど…。
そういうのも面白そうだから、やっぱりまたみに行きたいと思う(^_^)

新年会☆

寿司屋でスタートした新年会☆
すごく最高でした(^-^)

こんなに美味しいお寿司を食べたのは、初めてかも(^-^)

っていうくらい最高だった(^-^)

聞けば、創作料理が得意だといいきる大将!

ものすごく自信に満ちていた。

食べてみたら、本当にその通りで頭が下がる(≧∇≦)

お客を見て、握るご飯の量も変えているらしい…。

「嫌いなたべものは何ですか?」
と、先に聞かれた。

客の嫌いな食べ物を聞き、敢えてそれをを提供するという((((;゚Д゚)))))))

そんな大将の強気な攻めに恐れ入ったΣ(゚д゚lll)

しめ鯖が苦手だったが、めちゃめちゃ美味しくて、驚いた。

「また来てくださいね!」
と、確かに大将は私に言ってくれたのに…。

「また来るよ!今度は違う女性と一緒にね!」
と、上司があっさりと言ってのけたσ^_^;
…全く!!

お寿司がやけに美味しかったけれど、
お酒もものすごく美味しかった(^-^)

また連れて行ってもらいたいなあと思う(^_^)

新年会☆

かなり少数だったけど、参加して大正解!!

よしっ!
って、気合が入りました♪

除雪

久々に太陽を見た気がした。


清々しい朝(≧∇≦)

とはいえ…今朝の道路事情は大変だったようで…。
職員は、出勤に四苦八苦(≧∇≦)

正面玄関を今までなんとか職員の手で地道に雪かきしていたが…。

ここのところ降り続いた雪のせいで、もう手に負えなくなってしまっていた。

そんな時に、頼みの綱の除雪機が壊れるΣ(゚д゚lll)

結局、業者に除雪を依頼することに…。

その金額を聞いてビックリ((((;゚Д゚)))))))

でも、やっていただかないとねσ^_^;

原稿執筆

なぜか…。
最近になって、原稿執筆の依頼が舞い込む。

学校関係の原稿だ。

理由はともあれ、
依頼されるのは、うれしい。

「今、学校現場から離れているのですが…それでもいいのですか?」
と、確認するのだが、それでもいいらしい…。

数年前を思い出しながら過去を振り返りつつ執筆していくこともあれば、
進行形で「もし、学校現場にいたら?」という視点で、今やってみたいことを執筆することもある。

どちらにしても、自分の学びになる。
やはり、
「書く」という行為は、大切なのだと改めて思う。

電子レンジ♪

12月の半ば頃…。
電子レンジがいきなり壊れた!!!

(まっ、仕方ないね。)

と、レンジなしの生活を続けていたが…。

やっぱり、レンジって便利なんだよねえ。
レンジがあるときは、その便利さを忘れていたけれど。

でも、なきゃないでなんとかなるよなあと…。
のんびりかまえていた。

結局、
1か月ほど、レンジなし生活を続け、
(やっぱりこの季節に、チンがないと…ねえ。)

というわけで、
昨日電気屋へ☆

ぐるぐる回らない電子レンジなんだね!!
なんだかびっくりした。

うきうきするね♪



被災地支援

朝刊にこんな記事が載っていた。


広田は雪がほとんど積もらない地域だそうで…。

子どもたちのはしゃぎようがハンパなかった(≧∇≦)

雪の扱いに慣れていないため
靴の中に入った雪を取ることに四苦八苦していたり、雪道の歩き方がおぼつかずに、よく転んでいたり…。

真夜中までそれはもう元気に!
元気すぎるほど興奮していた。

関わっていたのは、みなさん高齢のボランティアの方々。

子どもたちのパワーに押され気味で、夜は、既にヘトヘトのご様子…;^_^A

とはいえ、子どもたちを温かく見守る眼差しは、本当にステキでした。

子どもたちからは、
「あっ!説明してくれた人だ!」

としか言われなかったけれど…。
私もちょっぴり関わることができて楽しかった♪

被災地支援をこうやって続けていることに頭が下がる。

とはいえ、
彼らも子どもたちの笑顔を見ることで、言葉では言い表せないほどのものを得ているのだろうなあと思う。

来年もきっと継続するんだろうな(^-^)

応援したい。

胆江地区社会科教育研究会 第3回ベーシックセミナー

発問と板書の講座に参加してきた。
先生方が集まる研修会だ。

何しろテーマがいい!
「今、知りたい!社会科の基礎指導法」


発問の講座は、30分間。
板書の講座は、30分間。

お二人の先生による講座2本だった。

(そう言えば…3年間チョークを握っていないよなあ。)
なんて、心の中でさみしく感じながら、それでもワクワクで楽しいあっという間の時間だった。

立場が違うと視点も変わってくる。
クラスを持っているわけでもなく、授業ができるというわけでもなく…。


ラッキーなことに一番前の席だった。
すると、
私の後ろに座っている先生方の顔が、ガラスに映っていたのだ。

表情が見える☆

講師の先生が何かアクションを起こすたびに、
後ろの先生方の表情が見えた。

そして、実感した。

参加して大正解☆


最初に発問の講座をしてくださったS先生。

あっさりとしたA4一枚のレジメ
わかりやすいプレゼン

下を向いてメモをするのがもったいなかったので、メモはしなかった。
顔をあげて話を聞いていないと損をするような感覚。
テンポがよく、それについていきたいと自然に思えた。

いただいた資料がありがたい

資料を読むと、S先生とのやりとりがよみがえる。
(ああ、これは、あんな風にやればいいんだな。)と可視化できる。


次に板書の講座をしてくださったT先生。

瞬時に聴衆をぐっと惹きつける雰囲気。
…失敗談で笑いをとりつつ、実はそれが一番の説得力だったり
不思議な質問をするもんだなと思うと、それが早速教室で試してみたくなる裏ワザの紹介だったり…

視覚に訴えるため、わかりやすい
気づくとたくさん写真を撮っている自分がいた

ペアがいなくて黙っていると
それに気づいて対応してくださった気配り

きっと、いつも教室で子どもたちをよ~くみているんだなあということが伝わってきて安心できた。


お金を払って研修にきた先生たちではない。
しかも、近場の学校にお勤めの先生方だろう。

こういうところで、
わっと会場の雰囲気を温めながら自分のペースに持っていくのは容易ではない。

そんな中でのお二人の講座は、本当に素晴らしいなあと思った。

短時間だが、長時間の研修を受けたような価値のある時間を過ごせて楽しかった♪


















オススメ梅酒♪

最近、コレが美味しい(*^^*)



南部美人の糖類無添加梅酒♪

梅酒なんだけど…。
あの嫌な甘さがない(*^^*)

ロックでのんでもスッキリしている。



色も…綺麗な薄桃色だ(((o(*゚▽゚*)o)))

県外に住む友だちへのお土産に最適だよなあと思う☆

糖類を一切加えていないので、日本酒と梅だけで作られている(*^^*)
それで、この上品な甘さなんだなあと納得。

スッキリしていて大人な梅酒です。

「飲んでみて!!」
と、オススメしたい(^-^)

初仕事

初仕事!
机上に山積みになった書類(−_−;)

うーん。

まずはこの一つひとつから…。

しかし、
机が見える 間もなく、電話もどんどんかかってきた。

宿泊のお客さんも!!

とは言え、こういう忙しい感じは、なんかいい(^-^)

一気におやすみモードだった体が動き出す感じ!!

張り切って行こうと思う☆

スマホ

今どき女子の最先端スマホ事情を何気なくテレビで見ていた。

kwsk
DQN
裏垢

知らなかった-_-b

意味を知ると、なるほどなあと。

つながりすぎて…。
コメントしないと…。
余計なことまで…。

そんな辛さも正直あるようだσ^_^;

分かるような気がするな。

2014年の目標☆

なんかホッとする





結局は、好きなんだよなあ(≧∇≦)

みんな、あれこれと今年の目標を表明しているようだ…。

12月31日と1月1日は、たったの一日違いだというのに…どうしてこんなに違うんだろう(^^;;

目標って、あまりはりきって立てる人ではない…。

(多分私は計画性がないんだろうなσ^_^;)

いつも行き当たりバッタリだからなあ~。

そして、思い立ったらすぐ行動!タイプだから、自分自身行き先が分からないときた(≧∇≦)

とりあえず、今頭に浮かんでること!
自分のこと中心にすると…

1 iPadを使えるようにする!

2 LINE PLAYで、部屋を完成させる!

3 県外にツーリングに行く!

4 英語をそれなりに聞き取れるようになる!

5 着物で神社を巡るような旅をする

6 学びのサークルに積極的に参加する

7 友だちや親戚と会う機会を多くする

8 バレーに真剣に取り組み結果を残す

9 読書量を増やす

10野菜をとるようにがんばる

うーん。
どうも…遊び中心だなσ^_^;

家族が入るとさらに目標が増える!!

まあ…家族については、それぞれのやりたいことをとにかく応援するのみだ(^-^)

…どこの誰がなんと言おうと、家族の一員が一番の理解者となり、応援すべきだと思っている(^-^)

七日目

ついに最終日
早いなあ~と、しみじみ。

午前中は、荷物を整理して…チェックアウトまでまったりのんびり。

お昼は、自分のお気に入りのコレ!






ちなみに…真ん中の写真だけがごはん。
上の写真はもやしだし、下は氷♪( ´▽`)

時間をつぶすには、もってこいの場所!


ネパール人の店員さんとの会話が楽しかった♪

学生の頃、知り合いだったネパール人のサンちゃんをふと思い出した。
「ネパールは、陸続きだから、あらゆる国の言語を話せる人が商売で成功するんだ。生きるために、みんな必死で言葉を覚えるんだ!だから、僕もいろんな国の言葉を話せるけど、読み書きはできない。まあ…商売には必要なかったからなあ。」

電話だったら、絶対に日本人だとしか思えないほど流暢な日本語を話すサンちゃんだった。

ネパール人は、とにかく商売上手だと思った。
押し付けて売るわけでもなく…変に安くふっかけてくるわけでもなく…。
客の欲しいもの、求めているものを察知して、ポイントをついてくるのだ。

おかげで情報も入手できてありがたかった。

歩き回ったので、マッサージ店に入る。
1時間300バーツだ。
だいたい1000円程度。

本当に、それくらいずっとマッサージし続けてくれた。
なんだか、申し訳ないくらい…。

チップをはずむ^ - ^

チップの制度って、はじめは面倒だと思っていた頃もあったが、なかなか面白い制度だよなあと思う。

マッサージ店には、滅多に入ったことはなかったが、これなら毎日通ってもよかったかもしれない^ - ^

ホテルのラウンジで時間つぶし。


生演奏に歌♪
なんて贅沢なひととき…。


「どこから来たの?」
「日本の歌のリクエストは?何でもいってみて!」

なんて言われたが…。
歌えなかったら申し訳ないと思って、リクエストをしなかった。

そしたら(((o(*゚▽゚*)o)))
彼女は、宇多田ヒカルの歌を歌い出した。
しかも、日本語だった!

うまい!!

その後、もう一曲歌ってくれて…。

彼女は、イギリス人だという…。

本当に、この国って…いろんなビジネスチャンスが広がっているよなあと思う。

空港では、またもや割り込みが普通のC国の女子たちと遭遇;^_^A

私が先に並んでいたのに、ズラッと私の前に入り込む。
その後、
窓口が二つになった途端!
自分たちより先に並んでいた人たちを無視して、新しい窓口に滑り込んだ( ̄O ̄;)
その図々しさといったら、ものすごい!

英語圏ではない国の方々が、思わず私の方を見て、ブーブーと不満を言ってきた。
私も、同意。
言葉は通じないが、気持ちが通じ合って、ちょっとうれしくなる。

そばで、一部始終を見ていたタイ人のガイドさんは…。

「C国と、I国の人たちはいつもですね。多分、…言っても無駄ね。」

やっばりね;^_^A

それに比べて日本人は、ちゃんと並ぶし、マナーがいいと評判なのだと教わる。

真夜中のフライト…。



朝日が見れて、最高だった。



雲の上に太陽♪

パイロットは、こうした景色をいつも見ているのか~と、思ったら…(((o(*゚▽゚*)o)))

いいよなあ。
そういう仕事☆

旅をすると、いろんなことが見えてくる。
嫌なことも、いいことも…。

小さなことでくよくよしていることがバカみたいに思えてきたり、いつもは当たり前だと思っていたことが、実はすごいことだったり…。

だから、旅はやめられない。

地球規模で物事を見るような…そんな風に生きていきたいものだと思った。

六日目

普段そんなに歩くことはない。
でも…

ここのところ毎日とにかくよく歩いているため筋肉痛だ(≧∇≦)

街の中心部で一日過ごした。


あちこちで、思わず写真を撮りたくなる。
そんな仕掛けが随所に見られる街だ。

朝食を食べに行くのが遅すぎて…食べることができなかった^_^;
まあ…そのおかげで、屋台でトーストを食べる機会を得た。

すごく美味しかった♪
この国で、パンも有りなんだなと実感させられた。

お昼ご飯は、ビックCのフードコートで。


夜は、豪華にフカヒレのお店で♪


まあ…こんな看板を見ると、怪しすぎると躊躇してしまうけれど…。
かなり評判の高いお店だ。

巨大なフカヒレが、展示?してある。


フカヒレスープは、800バーツから。
フカヒレはもちろん、味の染み込んだ椎茸も最高においしかった。

フカヒレは、格別に美味しいが、
私のすきなのは…春雨のこの料理♪


ほんとは、エビじゃなくてカニの方を食べたかったが、ソールドアウトのようだった。
残念!!

今日は、一日中歩き回った。

一人で気楽に歩き回ることもできて、それもまた面白かった(^-^)

フードコートで、お揃いのTシャツを着た若者たちをたくさん見かけた。

彼らは、いろんな国から集まった若者たちのようだった。

なんだか、そういう姿を見ていたら、無性に羨ましく思えてきた。

未来に向けて、今まさに、いろいろと考えているんだろうなあと…。


人々が往来する道路で、ポツリポツリと物乞いをしている人たちがいる。

腕や脚がなかったり、
目が見えなかったり、
全身やけどをしていたり、
赤ちゃんをだいていたり、

とにかく、直視できない姿の人たちが往来する人々に手を伸ばしているのだ。

お店が捨てたゴミ袋を、一つ一つあさっている人も見た。

とはいえ、物乞いをしている行為自体がビジネスだということも知っている。

人がほとんどいない時間帯に、それぞれの持ち場に配置されていくのだという…。

カンボジアやラオスから連れて来られているという話もある。

日本では、見ることのない光景だ。

デパートに入る時には、飛行機に乗る時のように、ゲートを通る。
そこには、警備員が常に3.4人ほど立っている。

ピーとなれば、カバンを開けて中を見せる。
彼らは、懐中電灯で、カバンの中身をチェックするのだ。

すっかり慣れっこになり、気にならなくなっていたが…。
日本ではまず、あり得ないだろう。

自分の場所から踏み出すということは、そうした別世界を見ることになる。

直接見たことは、その後の自分の人生に影響を及ぼす。

もし、もっともっと若い時にこの街に来ていたら…。

人生はまた違ったものになったに違いない。

では、ものごころつかない頃から連れて来られている娘は…?

どう生きるのか、なんだか楽しみだ。

そして自分は…?

残された時間を、有意義に使えるように意識して生きていきたいと思う。

プロフィール

あきみかる

Author:あきみかる
「前向きな捉え方で、日常を楽しく!」
を目指して綴っています♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR