FC2ブログ
   
01
1
2
3
4
5
8
10
11
15
16
18
20
21
23
25
27
28
29
30
31
   

10才のありがとう

4月から、
「二分の一成人式がやりたいですぅ!!」
と、騒いでいた子どもたち。

話を聞くと、
単に親から手紙がもらえるからだという話だった。

なんだかなあ~。
よくわかってないよな;^_^A

それが、一学期の頃だった。


三学期になったので、徐々に気づかせようと企んでいる(^-^)

「みんなに、きいてもらいたい歌があるんだけど…。」

そう言って聴かせたのが、
「10才のありがとう」
だ。

驚いたことに…一人の女の子が泣きはじめた。

すると、あちらでもこちらでも…。

なぜか私まで、もらい泣きしそうになる(≧∇≦)

危なかった(≧∇≦)

男の子も泣いていたから、よっぽど心に染み入る歌詞なんだと思う。

10才の今しか歌えない歌である。

「先生!この歌の歌詞が欲しいです!」

そう熱く言われたので、みんなの分印刷しておいた。

すると早速…朝の会で歌うようになった。

休み時間にも口ずさんでいる。

なんだか、温かい気持ちになれた。

歌えるようになったら、親たちにもきいてもらいたいなあと思った。

本当に、素敵な歌だから…。

さて、
どうしようかな(^-^)
二分の一成人式☆

ワクワクしてきました。
スポンサーサイト

期待したい☆

とある高校生が、四人でお昼ご飯を食べていた。

近くにいた男性が、彼らに声を掛けた。

「今日は、練習だったのか?◯◯高校!地元の期待に応えてくれよ!応援してるからな!」

「はい!」

そんなやりとりがいくつか続き
…彼らは、激励を受けていた。

高校生は、食べ終わり、席を立ち上がって出て行った。

私は、そこで違和感を覚えた。

そして、
ちょっと残念な気になった。

なぜなら…彼らは、男性の前を素通りして行ったからだ(ー ー;)

せっかく爽やかに会話が弾んでいたのに…。
なんてもったいないのだろう。

立ち去る前に、男性に、何か一声掛けるわけにはいかなかったのだろうか…。

「お先します。頑張ります!」
とか、
「ありがとうございました。これからも応援お願いします。」
とか…。

それがあれば、絶対応援したくなるだろう。

地元に愛されることは、大事だよなあと思うのだ。

彼らはもしかして一軍ではなかったのかもしれない。

でも…、
だからこそ、そうあって欲しいようなきがする。

なぜなら、チームの一員なのだから…。
指導者にも、それくらい徹底して欲しいと思う。

というか、
私が監督なら、そういうことも含めて大事だと伝えたい。

しつこくなんどでも…。

プレーには、関係ないかと思うけれど…。

でも、こういう気配りができる子どもたちを育てることが、勝つことにつながるのではないかなあと、素人ながらに思うのだ。

彼らがダメとかそんなことはない。
質問に対する受け応えは、とても爽やかにできていた。

だからこそ、
さらに期待したいのだ。

もったいないぞ!(≧∇≦)!

いつの間にか討論会(≧∇≦)

『今、イスラム国のことをテレビでやっているけど…。みんなは、どう思う?』

「危険だと分かっているのに勝手に行ったんだから…身代金は、払う必要はないと思う。」

「そうそう!自分でも、ビデオで自己責任って言ってるし…。」

「だめだよ!人命救助第一にしないと!見捨てるの?」

「だってさ、身代金を支払ったら、そのお金で銃とか買うんだよ!そんなのに使うって分かっているのにそんなお金は払えないよ!」

「でも、命はお金じゃ買えないんだよ!」

「…なんかさあ、また戦争になるのかなあ?」

「そしたら、俺たちが戦場に行くんだよね?年齢的に…やっぱ俺たちだよ(-_-)」

10歳の子どもたちは、こんな風に討論ができる…。
すごかった(≧∇≦)

ただ、
イスラム教が悪いわけではないことや、
日本の対応が、世界から注目されていることについて補足しておいた。

明日….。
72時間の期限がくる。
どう対応するのだろう…。

サボれない訳

バレー練習は、週に二回(≧∇≦)

時々、
仕事で疲れ果て、気持ちが向かない時もある。

サボっちゃおうかな?

なんて、思いもよぎる。

でも、
「今日練習に行くんですか?行くなら私も連れてって下さい!」

と、キラキラな瞳でお願いしてくる娘の友達がいる。

困ったことに、私が行かないと行かないのだ;^_^A

だから、
疲れ果てていようがなんだろうが…。
娘とその友達がはりきっている限り、
それに便乗するしかないだろう(^-^)

不思議なことに…。

彼女たちがいるだけで、
自分にスイッチが入るのだ。

例えば、
いつもなら諦めるようなボールでも、
床に落ちるまでは、ちゃんと追いかけたり、
サボって低く構えないようなことがないようにしていたりする自分がいる(≧∇≦)

いつもは、
ヘロヘロになるはずなのに、
まだまだ!!
と、思う;^_^A

彼女たちの存在は、ものすごいと思う。

サボれるわけがない(^-^)

危機一髪

夕方から、雪が降り始め…。
うっすら積もり始めた。

車の運転をしていた。
カーブを曲がり終えると、いきなり滑り出して(≧∇≦)

対向車線にはみ出し、慌ててハンドルを切り、それでもまた対向車線にはみ出し…(≧∇≦)

昔、ブレーキを踏んでさらに滑って大変な思いをしたことがあったので、ブレーキは踏まないことにした。

ハンドルだけでなんとか…。

でも、無情にも車はすっかり横向きになり、道路を塞いでしまった。

何処かに突っ込まないと止まらないとわかったので、路肩に突っ込み止まった。

はぁー。

ホッとした。

我に返ると、
私の車が止まるのを、停車しながら待っている車が後ろに1台、対向車線に4台(≧∇≦)

仕方ないので、慌ててバックし、何事もなかったように走り出した。

「なんだか、どこかのアトラクションみたいだったね♪」

と、助手席に座っていた娘が言う…。

なんて素敵なことを言うんだろう(^-^)

そんな一言に救われる。

意外と冷静な自分にもおどろきながら…。

「いやあ…お母さんは、反射神経がよくてよかったよね(^-^)」

「あれ?なんか後ろの車、お母さんのことを警戒してるよね(≧∇≦)」

「そりゃあそうだね。」

「危険人物だと思ってるよね;^_^A」

「…だね(^-^)」


ベイマックス

娘が観たいと言っていた映画だったので…一緒に観に行った。

よかった(*^^*)
とにかくよかった(*^^*)

笑いあり
涙あり

今回は、日本語吹き替え版だったけど、
今度は、字幕で観たいと思った。

ベイマックス…

私のそばにもいて欲しい(^-^)



飲み比べ☆

実家で二泊三日まったり(*^^*)

母親や、義妹も一緒に飲めるように…と、スパークリングワイン♪



飲み比べの楽しみのために…
男性陣のために…浜千鳥☆


弟が、まるで行きつけの居酒屋のように…次々と料理を振舞ってくれる(*^^*)

私は、おしゃべりしながら美味しいお酒をいただくだけだ(^-^)

一緒に飲めるってなんだか無条件に楽しい♪

料理も美味しいので、どんどんお酒が進む進む(≧∇≦)

あっという間に空っぽになりました(≧∇≦)

でも、よかった(*^^*)

お酒をいっぱい飲む父親を見ると安心する。

お酒は、あんまり飲むのはいけないとは思うのだけど…。

昔からお酒に強い人にとっては、飲めなくなる方がよっぽど怖い。

だから、
はりきってたくさん飲んでいる父親に会えてほっとした(^-^)


旅☆六日目

高級店と、屋台と…。
同じところに存在する不思議で魅惑的な街だ。
つくづくそう思う。







牡蠣の料理をいただく。




作っているのを眺めているのも楽しい。



コンビニで、妙に懐かしいアイスも発見(≧∇≦)

旅も終わりに近づいてくると、脈絡がなくなってくる;^_^A



空港で高級ビールをいただく(^-^)
桁違いの金額に…不思議な感覚。

これもまた楽しい♪


明方に、日本に帰ってきた。
寒さが身に沁みる(≧∇≦)


旅☆五日目

街に繰り出す(^-^)




街のど真ん中で、みんな手を合わせている。
お線香は、途絶えることがない。

お花ももちろんたくさんあふれている☆

お願いごとが叶うと言われている場所だ。

お願いごとが叶った人々による踊りの奉納も途絶えることがない。

この日は、毎年新年会を共にしている素敵な方と待ち合わせ☆









美味しい料理と、
タイの話で盛り上がり…,。
あっという間の時間でした(^-^)

異国の地で、日本人と待ち合わせるしあわせ(*^^*)

とても有意義な時間を過ごしました(^-^)

旅☆四日目

やはり屋台だよな(≧∇≦)
お昼に、定番のものを注文する。




これを食べないと(^-^)

自分好みに味付けができるのは、なんだかジャジャ麺と似ている。

夜も屋台で☆

ビールに氷を入れて飲むのも違和感なくなった(^-^)

わざわざ氷を頼むくらいだ;^_^A


大好きなソムタムとコームーヤーン♪

トムヤムクン…ついつい注文しちゃう♪


ホテルで二次会しようと、テイクアウトをお願いする(*^^*)





やっぱり屋台は最高だな♪

都心の雑踏と、
生暖かな空気と
人々の熱気。

なんとも言えない匂い…。

細かいことは気にならない。

生きているってこと
ただそのことが素晴らしい…。

そんな気になる(^-^)

旅☆三日目

この海岸からボートに乗ってフェリーに乗り継ぎ、目的地へ向かう。



ここへ来るまでは、カナダ人の一人旅の人と一緒だった。

旅をしているとき、異国の人とのコミュニケーションは楽しい♪



フェリーに乗り込み出発を待つ。

海の上でゆらゆらゆらゆら(^-^)

うーん。
まったり感がたまらない!

…ん?
いつまでまったり感?

これ、いつ動くわけ?

だんだん不安になる。

観察してみると…。
フェリーに何度も行ったり来たりしている小さな船が(≧∇≦)

そうか!
お客さんがいっぱいにならないと発進しないのか(;^_^A
まあ、いいでしょう。

通りで安いツアーなわけだよ。

周りの客は、何人なのか皆目見当もつかない。

英語が聞こえれば、旅行者。
タイ語ならば、現地の方。

日本人は、自分たちだけ…。

なんか外国に来たぞー!!
って感じだ。



やっと進んだかと思うと、
今度は途中で停車。

パラグライダーの希望者がやり終わるまでひたすら待つらしい…(;^_^A



でも、こんな素敵色の海にたどり着くんだから(^-^)
待った甲斐があったというものでしょう♪


帰りは、私たちは最後(;^_^A

ボートの迎えを待ちます。


フェリーには、まるで海賊のように乗り込みます(^-^)


うーん。
なかなかまったり感満載でのんびりできた一日だった(*^^*)

満足満足(^-^)

とはいえ…妙に疲れたのも事実(≧∇≦)

まあ、爆睡すれば取り戻せるでしょう(*^^*)

素敵な一日でした。

旅☆二日目

青い空が目に染みます(^-^)
今年もここへ…。


MKゴールドで、定番の夕食♪
めちゃめちゃ豪華だけど…初日は口慣らしにいつもコレだ(^-^)


いつも飲んでるチャングのビールがなくて…それでハイネケン(^-^)


総勢8人の旅で、
一番の醍醐味は、何と言っても会食だと思う(^-^)



お店の人が、鍋にこれでもか!と、一気に具を入れてくれる;^_^A

子どもたちが、ガツガツ食べても食べても…なくならない(^-^)


うーん。
満足満足(*^^*)

旅☆一日目

出発前の成田空港は、すっかりお正月モード!


飛行機を見ると、心が踊る♪


踊る♪


雪のない国へ☆
行って来まーす(*^^*)

クリスマス

今年我が家にやって来たサンタクロースのプレゼントは!!



シャーロックホームズ全巻‼︎

娘の希望でした。

朝に、枕元に届いていることが分かると…。
朝食も取らずに貪り読んでいました;^_^A

「ご飯だよ~!」
の、声も耳に入りません;^_^A

昔のように、
プレゼントに気づいて大騒ぎ!
とは、いかないけれど…。

こういう、
分かりやすいくいつきは、なんか可愛いですね♪


ケーキも!


お酒も!

なかなかいい感じのXmasでした(*^^*)

カクテルのお店で(*^^*)

カクテル専門店に女性3人で…。
カウンターに座る。


昨年の締めは、お洒落に…。

何を注文したらいいのかわからないで迷っていたら、近くに座っていた方が、
「マスターに、好みを伝えれば作ってくれるよ。」
と、声をかけてくれた。

「ワインや日本酒が好きです。甘いお酒じゃないのがいいです(*^^*)」

と、伝えたら、ボジョレーに、ザクロを入れて…作ってくれました。

初めは、
「えっ?コレもカクテル??」
って、思ったけど、飲んでみたら、私の好みの味になってました(^-^)
すごい!!
なんか、感激(^-^)

だって、メニューにないからね☆


「着物を着て集まろうね☆」
って、ことだったけど…。

「風邪ひいちゃったから;^_^Aごめん!着物着て行かないことにする。」

だなんて一人が言いだしたものだから…。
潔く洋服に変更した。

「みんなで着るから面白いんだって!」

ということで、
次回は春かな?

マスターが、
「次回は、ぜひお着物でいらして下さい♪」
って言ってたから…。
また行こうかな☆

プロフィール

あきみかる

Author:あきみかる
「前向きな捉え方で、日常を楽しく!」
を目指して綴っています♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR