FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あの日」から5年

今朝の雪は、切なかった。
まるで5年前の「あの日」と似ているではないか。

3月11日

雪の一つひとつが、かけがえのない命のように思えて仕方がない・・・。
そんな切ない朝だった。


夜の月は、悲しく寂しげだった。
いつもなら、美しいと心が奪われるはずの月が、なぜか違って見えた。

あの日を境に、人生が変わった人たちがたくさんいる。

私が子どもたちにどんなに話をしても、
直接体験したことでなければ、なかなか伝えきるのは難しい。

しかし、直接体験した人たちの生きた話は、人々の心を揺さぶる。

思い出したくもない、
記憶から消し去ってしまいたいであろう辛い話。
でも、
それでも、伝えなければ忘れ去られてしまう。
使命を負って、自分の身を削り取るように話をしてくださる方々に、頭がさがる。


今日は、5年前の「あの日」のことをそれぞれ思い出していることだろう。

いつまでもかわいそうではなく、
そこから強く立ち上がっている明るい話題が、テレビから流れる3月11日を願っている。



スポンサーサイト

あの日は鵜住居に行きました。根浜海岸で晴天の空を眺めていると、キラキラとなごり雪が舞い、抑えていた涙が溢れました。追悼に応えてくれるように手に触れ、頬に触れ消える雪。忘れられない光景がまたひとつ出来ました。使命を持って生きる。そう改めて決意した節目の日でした。

Re: タイトルなし

コメントをいただきありがとうございました。

一度決意したとしても、時々自分に問いかけてみないと、それが揺らぐこともありますし、不安だったりもします。
私は、あれほど自分で決めたことだというのに、弱気になることも多々あります。
そんな時は、いつも過去の自分に励まされ、再び決意するのです。

「使命」・・・重いことでしょうね。
でも、きっと、あなた一人で背負っているものではないと私は思います。
だから、一人だけではなく、目に見えない人々も共に支えてくれているんだと思えば、少しは軽くなれるのかな?
(よくわからないまま、勝手なことを言ってごめんなさいね。)
あなたの決意を応援します。
Secret

プロフィール

あきみかる

Author:あきみかる
「前向きな捉え方で、日常を楽しく!」
を目指して綴っています♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。